2008年07月18日

【書評】東大生たちの「性」(東大生ライフスタイル研究会)

東大生たちの「性」東大生たちの「性」
編者:東大生ライフスタイル研究会
出版社:KKベストセラーズ 2008-02-16
おすすめ平均

私の評価
 −面白さ
 −役立ち


東大生100人への聞き込み・アンケート(主に東大女子対象)から東大生の性について
赤裸々に語ってみようというのがこの本。

タブロイド紙の様な軽い文体。限りなく信憑性が薄いデータ。ソースのはっきりしない噂。内部者なら一発でわかる間違い。
様々な要素から見て、紛うことのない、ネタ本です。

ですが、当然のことながら読んでいて面白い
役に立つものは何一切ありませんが、面白い。(私がこういう下ネタ系ネタ本が好きなせい&自分にとっては内輪ネタというのもあるかも知れませんが笑)

 内容に触れてみると、世間一般で言う「がり勉でメガネでださい東大生」(学内では俗にイカ東)を否定し、勉強も遊びもでき外見にも気を使っている要領の良い奴が多くの東大生の実像だとしている。(2極化していて依然イカ東はいる。)
 その上で、こいつらやることやってるぞと紹介している。

 具体的に面白かったトピックをピックアップしてみると
 ・東大に美人が多くなった正当な理由
 ・東大女子はどんなデートをしている?
 ・頭が良くないとヘンタイはできない?
 ・精液を顔にかけられることが多い東大女子

トピック自体も面白いが、この本全体を通して面白いのが、プライドの高すぎる発言とそれに対する揶揄。
皆さん匿名ということもあり、東大マンセー(=俺マンセー)な発言をムカつくぐらい論理的な文章で語ってます。それだけだと、ただの嫌な本なのですが、そう感じさせない感じに筆者の突っ込みが入っているのでそのやり取りを楽しく読めます。

ただ、本の基調からしても東大マンセー色がかなり強いです。東大を笑ってやるつもりぐらいの気持ちで読むことをお勧めします。
東大に強いコンプレックスをお持ちの方は避けることをお勧めします。
これを読んでいると、東大生が全て頭良くて顔がよくて金を持ってて将来成功間違いなし(ついでに性格は悪い)に思えてきます。自分も読んでて自信を失いかけました笑

ただ、冷静に考えてみると、そんな奴そうそう居ないって笑 



モチベーションの種です。よろしくお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
タグ:書評 ネタ本
posted by ナオ at 02:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2008年07月10日

ブログ再開

かなりご無沙汰しています、ナオです。

現実が忙しいため、ブログ更新がおざなりになっていました。

ブログを更新していない間もコンサル合宿に参加したり、ラックのイベントに参加したり、英語学校通いをしたりなど色々と書きたいことは起こっていますので、おいおい書いていこうと思います。
(大量に読書もしているので、そちらのレビューも)

 それと、最近夏インターンの季節のせいか就職関連のキーワードで検索してくる方が多くいるみたいです。
 前にも書いた通り、自分は就活支援云々には興味がないのですが、他のサイトには上がっていない情報を自分が持っている部分も否定は出来ないのでもし需要があるようであれば、多少自分なりにまとめて見るつもりです。なければまったりと好きなことを徒然書く予定。

 そんな感じで今後書いていくつもりです。宜しければ、お付き合いいただけると嬉しいです。

p.s.今更ながらほぼ全てのファームに知り合いができました。業界全体の新卒6〜7割には会ったかなと思います。やはり各ファームごとに内定者の色が違います笑 各ファームの内定者の傾向とか独断でまとめるとおもしろいかも。
posted by ナオ at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。