2008年11月24日

コンサルに必要なTOEICスコア

以前、自分が書いた戦略コンサルにとっての英語の必要性と言う記事に似たような記事を
All Aboutでコンサルタントナビの大石さんが書いてたので紹介。

大石さん曰く、コンサルでの英語力評価を
TOEICで示した表が下のもの。

TOEIC点数と欲しい英語力
 900 まったく恥ずかしくない
 800 英語は大丈夫そうですね
---------------------------------------800点の壁
 700 OKでしょう
---------------------------------------700点の壁
 600 一定の評価
 500 努力してほしい
---------------------------------------500点の壁
 400 なぜ?といわれてしまう
 300 あり得ない

まぁ、学生の認識と近いものはあるかな。


ただ、Mckの内定者は900点台なのに英語の実力がちょっと足りないと言われてましたが笑
 900超えるとTOEICでは英語力を測れないレベルなので、彼らが求めるのはそれ以上なのでしょうw
 自分も早くそのレベルに行きたい。

引用元:
http://allabout.co.jp/career/consultingfirm/closeup/CU20080201A/

モチベーションの種です。よろしくお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
posted by ナオ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成長戦略

2008年11月23日

yahooの政治ポジショニングテストをしてみた

最近、自分の政治的ポジショニングって客観的にどうなんだろうと
政治学を勉強していく中で疑問に思い、意外と評判の良かった
Yahoo!みんなの政治 「政治ポジョンテスト」を話半分にやってみた。

結果、内政の方は

「リベラルかつ小さな政府志向」


政治ポジション
同じスタンスの政治家
  • B.クリントン (前米国大統領で、連邦政府の財政再建を進める)

  • T.ブレア (英国首相で、「結果平等から機会平等へ」をコンセプトに教育や雇用政策を実施)

  • 青島幸男 (前東京都知事で、世界都市博覧会を中止)

  • URL:http://seiji.yahoo.co.jp/guide/position/kekka.html?px=6&py=1


    小さな政府志向は自分でも認識してるから、納得。
    ただ、自分がリベラル!?ってのには驚いた。
    しかもグラフを見ると、結構リベラルに偏ってる。

    自分は中道右派だと思ってた。アメリカで言うと、共和党支持者だし。最低限のセイフティーネットと機会の平等を保証すれば、あとは市場に任せるべきだと思ってます。競争こそが成長の源泉。
     結果の平等って、社会主義じゃないけど社会的生産性を落とすものだと思うので。ただし、結果の不平等が定着して最終的に機会の不平等にならないよう防止する制度は大賛成。(今の相続税とか。)

    って、ここまで珍しく自分の政治観を語ったところで勘違い発覚笑

    下の方の定義で
    =================================================
     ■リベラル
    個人の自由や権利を尊重し、社会や体制の変化を促進していこうとする立場。 
     ■保守
    共同体の伝統・秩序・習慣を重視し、社会や体制を維持していこうとする立場。
    ---------------------------------------------------------------
     ■小さな政府 (市場信頼)
    規制緩和を推進し、政府が市民生活に与える影響を抑えようという立場。公共事業や福祉の削減による効率的な行政運営を重視する傾向がある。
     ■大きな政府 (政府規制)
    規制を強化し、政府が市民生活に積極的に秩序を与えようという立場。政府に権限を集中させ、公共事業や福祉の充実を重視する傾向がある。
    =================================================

    リベラルに経済的価値観とか入ってなかったのですね。
    政治学的に言う「ニューリベラル」(高福祉、寛容、進歩主義)のリベラルだと思ってました。アメリカで言うリベラル(マイナスイメージ)とヨーロッパで言うリベラル(社会民主主義)に引っ張られてました。
     リベラルって定義広いですね。使うときには気をつけないと。
     
     それなら、今回の評価は納得です。同じスタンスで出てるクリントンは民主党政権で共和党の政策をやったお方ですし笑
     ブレアも第三の道で新自由主義取ってるし。


    で、外交の方は

    「グローバル指向のハト派」


    political_position_fa.JPG
    URL:http://seiji.yahoo.co.jp/guide/position/diplomacy/kekka.html?px=3&py=1
    こちらは納得。
    外資コンサル行く人で、反グローバリゼーションはそうそういないでしょうww
    このタカ派・ハト派は見るにそれぞれリアリズム・リベラリズムに当たるっぽいので、自分がハト派なのも納得。
     (また意味の違う"リベラル"がw)


    なんだかんだで意外に、当たってるっぽい
    政治ポジショニングテスト
    話のネタにでもしてみてはいかがでしょうか?



    モチベーションの種です。よろしくお願いします。

    にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
    posted by ナオ at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2008年11月19日

    英語勉強本格化させました

    気がついたら一か月も書いていない。。。
    自分の飽きっぽさがブログに表れてますね^^;

    さて、タイトル通りですがブログ書いていない間に
    英語の勉強を本格化させました。

    自費でもベルリッツに行き始め、週2回4時間英会話やっています。
    それに合わせて、自宅では英語上達完全マップで勉強しています。

    ただ、如何せん熱しやすく冷めやすい性格なので、
    このやる気を持続させるべく英語学習の記録をブログで綴ることにしました。

    このブログで書くことも考えたのですが、
    英語学習の記録だらけにこのブログがなるのは
    ちょっと趣旨が違うかなと思いましたので
    ブログを分けることにしました。

    英語の勉強に関しては、次のブログで書いているので
    興味のある方はぜみ見に来てください。

    タイトル:外資入社までに英語を何とかする日記
    URL:http://gaishienglish.blog55.fc2.com/

    モチベーションの種です。よろしくお願いします。

    にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
    タグ:英語 勉強
    posted by ナオ at 14:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成長戦略
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。