2008年09月24日

外銀がなんか凄いことになってるね。

 ご無沙汰してます、ナオです。

 夏休みを満喫してしまい、全然更新してませんでした。
 なんか急にアクセスが増えてたので、更新する気になりました笑

 で、タイトルの件ですが、外銀の再編が始まったようですね。

 恐らく色々なところで、去年の就活生が言っているとは思いますが、
 私もリーマンが破綻し、メリルが買われるとは全く思ってなく、かなり驚いています。
 Second Tierならともかくメリル・モルスタ・GSのTop Tierなら倒産リスクなんて考えるだけ無駄という認識でした。
 その前提が覆された意味で今回の再編は私にとってショックでした。

 その認識で就活したことは、認識が甘かったみたいで、そこは反省してます。
 日本で言えば、山一・長銀が潰れたこと。海外でも「帝王」ソロモンブラザーズが救済買収されたこと、LTCMが破綻したこと。
 いくらでも歴史から絶対はないと認識できたはずです。
 自分もある種の信仰にかかっていたのだなと思い知りました。

 しかし、正直言えばそれでも今年外銀に入れる人間は羨ましいと思う。
 競争相手減ってるだろうから、生き残れたらその分美味しいんだろうと言うのももちろんある。
 ITバブル崩壊後のかなり大変な時期に入社して、そこで揉まれ、その後の好景気で良い思いをしたバンカーの話も就職活動の過程で聞いた。
(好景気になって人材が必要になったが、バブル崩壊で人切った&採用してない関係で人材不足になって、市場価格が高騰して破格の条件で転職できたとその人は言っていた)
 
 だが、何よりもこの状況を自分の事として見ることが出来、厳しい状況に追い込まれているのが羨ましい。
 マゾい発言だが、人間追い込まれたときの努力ほど成果を残すものは他にないだろう。それを最初のスタートダッシュに出来るのだ。例え失敗しても、外銀行けるような人材なら、メガバンでもコンサルでも2卒で入れるだろう。(コンサルは実例見た)
 
 まぁ、取留めももなく書いてみたが、外銀落ちコンサル内定の自分の気持ちとしてはこんな感じです。
 コンサルのくせに文章読みにくいとか言わないように。
 自分でもまだ整理しきれてないので。


モチベーションの種です。よろしくお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
posted by ナオ at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。