2008年09月25日

【備忘録】プロジェクト・コメディ

 ネットサーフィンをしていたら、笑えるけど笑えない冗談が出てきたので、備忘録として登録し解きます。

プロジェクトコメディ

以下、引用。
・顧客が説明した要件
「他社に無い高性能なブランコを頼むよ」
「能力三倍でガガっとこんな感じで」
「システムよくわかんないんだよね」

・プロジェクトリーダーの理解
「承知いたしました」
「しかし3段なんて無理だと私だからこそ気付ける。1枚板こそ肝要」
「ブランコって枝からぶら下げて…こんな感じだっけ」
「初めての分野で細かい仕様判らんからなあ」
「精査はアナリストに任せよう。ブランコこがせたいのであとはヨロシク!」

・アナリストのデザイン
「分析の結果、これでは漕げません。リーダーの目的仕様を満たすため邪魔な幹を除いて…」
「ありゃ倒れるか?支柱を…」
「なんとしてでも今のままブランコが動けるように!」
「ふぅ、作業要件定義の数も増えたしプロジェクトっぽくなってきたかな」

・プログラマのコード
「なになに?ええと設計書によると… ブランコ板とロープが接続され、ロープが二本で木に接続、か…」
「うん、仕様通りだ。エラーも検出されない」

・営業の表現、約束
「当社は業界のリーディングカンパニーとして最高のソリューションをもってお客様にご満足頂ける超一流のクオリティのITガバナンスに根ざしたコアコンピタンスを
支える戦略的でスケーラブルなビジネスプロセスを進化させる真の統合をサポート…」

・プロジェクトの書類
「えっ、後回しって1枚もまだ書いてないの?」

・実装された運用
「ええと…リリースに間に合ったのはとりあえずこれだけです」

・顧客への請求金額
「新聞で叩かれたあとやたら額下がったね?」
「去年と同じ運用なのに」
「え?ここ別料金?」

・得られたサポート
「ここから先は追加インシデントが必要です」

・顧客が本当に必要だったもの
「ぶら下がって遊びたいなら…」
「パンダ様もこれで十分満足されてますよ」

引用終わり。

 そう言えば、インターンで課題(ここで言う顧客の要求)を変な方向に読み間違えて、全く使えない&斜め上に飛んだ紙を書いたチームがいました。当然、チーム全員落ち。(人間としては好きな人達だったが)
 
 自分はITコンサルじゃないから、システムにはそこまで関わらないけど、他山の石とします。

モチベーションの種です。よろしくお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
posted by ナオ at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。