2008年10月14日

【書評】最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版(ランディ・パウシュ)

最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
著者:ランディ・パウシュ

出版社:ランダムハウス講談社 2008-06-19
おすすめ平均

私の評価
 −面白さ
 −役立ち
内容を一言で言うと:
DVDが本編で、本がおまけ。でも、読む価値あり。


以前、Youtubeで話題になった「最後の授業」の舞台裏&後日談をまとめた本。
(および、最後の授業のDVD)

そもそも、「最後の授業」ってなによ?って方のために説明しておくと、
海外の大学で行われる「もしこれが人生で最後の授業だったら」という設定で行われる
「最後の授業」が癌のために本当の意味での「最後の授業」になってしまった教授の講義。
それが、自らの死や闘病生活に関してはほぼ触れず、明るくユーモアを交えて夢を実現するには?、人生をどう生きるかなどとすごい考えさせられるし、感動する講義だったためインターネットを通じて大人気になったという経緯がこの本が出る前提としてある。

百聞は一見に如かずなので、以下のyoutubeから見てみるといいでしょう。
http://jp.youtube.com/watch?v=nrFMRuB2lbA
(日本語字幕版)

で、この本自体の評価だが、
個人的には、最後の授業そのものが収録されているDVDが本編だと思っている。

 本はなぜその授業をやることになったのか、授業では言及しれなかったところの紹介、授業後のランディパウシュなど、本篇を見た前提で書かれている。
 本篇を見ずにこの本を読み始めると、恐らく意味が分からないだろう。
 本の内容が最後の授業に完全に依拠している以上、この本はゲームにおけるファンディスクに相当するのではないだろうか。

 ただし、だからと言って悪いとは言っていない。
 むしろ、本の内容も素晴らしいものだ。映像だけを見ていると、ランディパウシュが聖人かのように見えてくる。しかし、この本では生身の人間としてのランディパウシュが垣間見れる。
 自分はこの本を読んだ後に、最後の講義を再び見たが、聖人としてのランディパウシュが語りかけていたよりも、生身の人間としてのランディパウシュが語りかけていた2回目の方が彼の言葉がしっかりと感じられた気がする。
(合わせて、スイーツ的にいえば、感動した)

最後の授業を見て感銘を受けた方は、一度読むことをお勧めするし、
最後の授業を見ていない方は、まず見ることをお勧めする。



モチベーションの種です。よろしくお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
タグ:書評 回顧録
posted by ナオ at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。