2008年12月30日

コンサル内定者の一年の使い方

 そろそろ、2010のコンサル内定者も出揃いつつある時期らしい。
 本年度の就活は後輩の話を聞く限り、前年度よりさらに早まった印象を受ける。
 残すはBCG春ジョブ/RB/AC通常採用みたいな感じらしい。まだ決まっていないコンサル就活生頑張ってください。
 
 で、今回の本題なのだが、このブログの本来の目的だあったはずのコンサル内定者の1年間の記録が全く機能していないので、友人などのコンサル内定者が1年間どのように過ごしているかを紹介することで少しは補完しようと思う。

 ちょうど内定者も出揃いつつあって、入社までどうするか悩み始めると思うので時期はピッタリ!とか言ってみる。

自分の感覚だが、内定者の1年の主な過ごし方は次の4タイプに分かれると思う。

1,アカデミックな勉学や研究にいそしむタイプ


 社会人になってしまっては、もうアカデミーの道には(なかなか)戻れないから
今のうちにしっかり勉強しておこうという方々。
 元々研究者志望であったり、ポストコンサルにビジネス以外の道を考えている人が多い気がする。(例えば、国際機関とかシンクタンクとか、その専門での海外留学とか)
 また、研究室が厳しくてやむを得ずそうなっている方もたぶん多いw

2,コンサルに関係する勉強に勤しむタイプ


 「学生のうちの勉強は、仕事始めれば一週間で追いつく」と先輩に言われるからか、実はあまりいないタイプ。例外としては、入ってからは中々時間を取れない英語を頑張る人はいる。TOEIC700以下の人はこのタイプになった方が良いと思われる。
 英語以外は、ファームに出された課題図書を読むだけってのがせいぜいな気がします。
 一部、勉強会を開いてMBAのケース問題を解いて勉強しているグループがあるぐらいですかね。

3,実戦で仕事を学ぶタイプ


 立ち上げ期のベンチャーにフルコミットメントしてみたり、学生団体作ってみたり、海外ヘッジファンドに長期インターン行ってみたり、一番アグレッシブな方々。
 一番充実していてそうで傍から見ていると、かなり成長している印象を受ける。ただ、生き急いでいるように見えるのも確か笑
 今までにそういった経験がない人には一番お勧めする一年間の過ごし方。
 でも、コンサル内定者って既に経験済みで、今更それに一年費やしたくないって人が多いのも事実。

4,思いっきり遊び倒すタイプ


 「コンサルになったら、遊べなくなるから今のうちにたっぷり遊んでおけ!」という社員さんのアドバイスを旗印にトコトン遊ぶ方々。
 遊びのタイプは人それぞれで、ほぼ毎日合コンしてますみたいな合コン三昧の人がいるかと思えば、ドラクエ・FFシリーズ全部やりなおしてみたとかマンガ1ヶ月で200冊読みましたが何か?みたいな人もいる。
 あとは海外旅行に行く人も多い感じ。単位取りきってる学部生だったりするとほとんど日本にいないみたいな強者も。そこまで行かなくても、語学の勉強兼ねて1か月近く海外に行く人は多い。


以上が、自分の周りを見た感じの印象です。
ただ、どれかだけってことはもちろんなく、1に軸足を置きながらも2や3もって言う要領の良い人はたくさん居ます。上の分類はあくまでどこに軸足を置いているかってことなので。自分は残念ながら、4の遊んでるタイプです笑

モチベーションの種です。よろしくお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
posted by ナオ at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成長戦略
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。