2009年11月24日

twitterやってます

若干、今更感も漂いつつもありますが、twitterやってます。
よろしければ、フォローしてやってください。


最近は、ブログを更新する時間はなかなか取れないものの、つぶやくぐらいであれば何とかって感じです。
(自分は無事生き残れてます。同期や同業他社見ていると体壊した人のうわさもチラホラ)

posted by ナオ at 02:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月22日

生存報告

ふと気がつくと、半年近くもブログを更新出来ていませんでしたが、
何とか生きております。

ブログを更新していなかった期間の事を時系列で報告すると、

1月:卒業をかけてテスト勉強にいそしむ
2月:前半はテスト本番、後半は卒業旅行
3月:卒業・引っ越し・入社準備
4月:入社・研修・プロジェクト配属
5月:雑務と簡単なリサーチ(記事検索等)にいそしむ(高給派遣状態)
6月:プロジェクトの中で自分の担当領域が出来始める
という状態です。
今後、時間が許すときに詳しく書きたいと思います。
内定者から駆け出しコンサルになって、内部に入ったことで色々と見え始めてきたこともありますので。
(無論、守秘義務あるので触れない範囲で)

今後も負担がかかりすぎない範囲で、このブログを続けて行ければと考えています。
posted by ナオ at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月05日

大発会に行ってきました

今日から世間は仕事始めと言うことで、仕事がない学生な私は
東京証券取引所の大発会に行ってきました。


東証外観

早起きすること、6時。
7時から並んで良いとのことで、
7時少し前に東証に着きましたが、その時点ですでに行列が。。。
自分は15番w
整理券番号とパンフレット

7時半ぐらいで並んでいたのは40人ちょいぐらいな感じで
恐らく8時ピッタリでもぎりぎり間に合ったのではないかと思う。
自分は滅茶苦茶寒い中1時間近く待ったので、
もっと遅く来ても良かったと後悔。
(ちなみに一番の人は5時半から並んだとのこと)

8時に入場が始まり、そのまま会場へ。
会場前で20分ほど待たされて、会場に入場。
大発会会場1 大発会会場2

自分の位置は晴れ着のお姉さんの後ろの後ろぐらい。
ニュースで自分が確認できたのは恥ずかしかった。
(本人でないと分からないぐらいしか映ってませんが笑)

 セレモニー自体は東証の社長の言ってることは良いんだが演説下手な挨拶を聞き、みんなで手締めを行い、晴着のお姉さんが打鐘して終わり。8時30分に始まり、8時50分過ぎには終わっていた感じ。あっけなかったです。

打鐘する振袖のお姉さん

 そこからは割とフリーダムで、すぐに帰る人、マスコミと一緒には晴着のお姉さんの写真を撮りまくる人、個人投資家としてインタビューを受ける人それぞれでした。

晴着撮影会

 自分は今年初めての日経平均を見届けてから、ぐるーっと東証見学をして帰ってきました。仕事始まる4月から出来ないことなので、行ってきて良かったです。

東証画面謹賀新年 今年最初の日経平均

 そうそう、ちゃっかり大発会のおみあげももらってきました。
 卓上カレンダーが格好良くて素敵です。
大発会のおみあげ

 ちなみに、晴着には京都きもの友禅の協力があるそうです。
 会場でそういうアナウンスが流れていました。テレビで晴着のお姉さんのうちの5人が東証の新入社員だと言ってたので、他の人たちがきもの友禅からの派遣なのかな?

 どちらにせよ、晴着の女性がいると華があって良かったです。
 折角なのだから、男性陣も紋付き袴で勢ぞろいしたら圧巻だったろうになと思いました。


追記:同じく2009年東証大発会に行かれた方のレポート発見!
去年も行かれたらしく、去年との比較をしてました。
参考にどうぞ。
URL:http://genpi215.blog33.fc2.com/blog-entry-122.html

そうそう、日経新聞一面の写真にペン先ぐらいの大きさで自分の顔が写ってました笑 
次はもっと大きく&実力で載りたいものです。


モチベーションの種です。よろしくお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
posted by ナオ at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月04日

もう一つの箱根駅伝〜裏での京急駅員の努力

 箱根駅伝の裏で、選手を支障なく通すために京急がダイヤ調整が行っている様子を撮影した動画がニコニコにアップされていた。 
 京急電鉄の蒲田駅近くの踏切で、野戦司令所のごとく陣地を構え、最寄りの中継所で集めた選手間の間隔の情報を基に電車を通すか待たせるかの判断を行っている様が、ドキュメンタリーを見ているかのごとく見て取れる良い動画です。

 踊る大捜査線シリーズの「交渉人 真下正義」の劇中でテロ?により地下鉄のダイヤが乱れに乱れた時にスジ屋(ダイヤグラム書いて運行調整する人)が呼ばれ、ダイヤ調整をしているシーンがありましたが、あれを実物を見ている感じです。(実際にスジを引いているわけではないけど)

 大げさなタイトルを付けて、マイナーな話題を取り上げてみましたが、ここに出てくる駅員さんたちが本当に格好いいんです!
 
 駅伝選手の通過には支障のないように、ただダイヤはなるべく遅らせず出来るだけ電車を通すように、一秒単位でせめぎあっている臨場感が動画から溢れてきます。まさにプロフェッショナリズムといった感じです。
 
 自分個人としては、箱根駅伝で走って活躍した選手たちより、彼らの目立たない活躍の方が格好よく見え、動画を見てて楽しめました。なんか本気で仕事している人って良いですよねw

 鉄っちゃんでなくても十分に楽しめる内容なので是非目を通してみてください。(自分も別に鉄道には興味ないですけど、ここまで興奮しています笑)

■2009年箱根駅伝復路 蒲田踏切ダイヤ調整実況
 前編
 
 後編
 

■去年の箱根駅伝 電車通過に成功してます
 

<参考>
今年の方の撮影者のBlog:http://hnzmn.dip.jp/~kq/index.php


モチベーションの種です。よろしくお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
posted by ナオ at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月23日

yahooの政治ポジショニングテストをしてみた

最近、自分の政治的ポジショニングって客観的にどうなんだろうと
政治学を勉強していく中で疑問に思い、意外と評判の良かった
Yahoo!みんなの政治 「政治ポジョンテスト」を話半分にやってみた。

結果、内政の方は

「リベラルかつ小さな政府志向」


政治ポジション
同じスタンスの政治家
  • B.クリントン (前米国大統領で、連邦政府の財政再建を進める)

  • T.ブレア (英国首相で、「結果平等から機会平等へ」をコンセプトに教育や雇用政策を実施)

  • 青島幸男 (前東京都知事で、世界都市博覧会を中止)

  • URL:http://seiji.yahoo.co.jp/guide/position/kekka.html?px=6&py=1


    小さな政府志向は自分でも認識してるから、納得。
    ただ、自分がリベラル!?ってのには驚いた。
    しかもグラフを見ると、結構リベラルに偏ってる。

    自分は中道右派だと思ってた。アメリカで言うと、共和党支持者だし。最低限のセイフティーネットと機会の平等を保証すれば、あとは市場に任せるべきだと思ってます。競争こそが成長の源泉。
     結果の平等って、社会主義じゃないけど社会的生産性を落とすものだと思うので。ただし、結果の不平等が定着して最終的に機会の不平等にならないよう防止する制度は大賛成。(今の相続税とか。)

    って、ここまで珍しく自分の政治観を語ったところで勘違い発覚笑

    下の方の定義で
    =================================================
     ■リベラル
    個人の自由や権利を尊重し、社会や体制の変化を促進していこうとする立場。 
     ■保守
    共同体の伝統・秩序・習慣を重視し、社会や体制を維持していこうとする立場。
    ---------------------------------------------------------------
     ■小さな政府 (市場信頼)
    規制緩和を推進し、政府が市民生活に与える影響を抑えようという立場。公共事業や福祉の削減による効率的な行政運営を重視する傾向がある。
     ■大きな政府 (政府規制)
    規制を強化し、政府が市民生活に積極的に秩序を与えようという立場。政府に権限を集中させ、公共事業や福祉の充実を重視する傾向がある。
    =================================================

    リベラルに経済的価値観とか入ってなかったのですね。
    政治学的に言う「ニューリベラル」(高福祉、寛容、進歩主義)のリベラルだと思ってました。アメリカで言うリベラル(マイナスイメージ)とヨーロッパで言うリベラル(社会民主主義)に引っ張られてました。
     リベラルって定義広いですね。使うときには気をつけないと。
     
     それなら、今回の評価は納得です。同じスタンスで出てるクリントンは民主党政権で共和党の政策をやったお方ですし笑
     ブレアも第三の道で新自由主義取ってるし。


    で、外交の方は

    「グローバル指向のハト派」


    political_position_fa.JPG
    URL:http://seiji.yahoo.co.jp/guide/position/diplomacy/kekka.html?px=3&py=1
    こちらは納得。
    外資コンサル行く人で、反グローバリゼーションはそうそういないでしょうww
    このタカ派・ハト派は見るにそれぞれリアリズム・リベラリズムに当たるっぽいので、自分がハト派なのも納得。
     (また意味の違う"リベラル"がw)


    なんだかんだで意外に、当たってるっぽい
    政治ポジショニングテスト
    話のネタにでもしてみてはいかがでしょうか?



    モチベーションの種です。よろしくお願いします。

    にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
    posted by ナオ at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2008年09月25日

    【備忘録】プロジェクト・コメディ

     ネットサーフィンをしていたら、笑えるけど笑えない冗談が出てきたので、備忘録として登録し解きます。

    プロジェクトコメディ

    以下、引用。
    ・顧客が説明した要件
    「他社に無い高性能なブランコを頼むよ」
    「能力三倍でガガっとこんな感じで」
    「システムよくわかんないんだよね」

    ・プロジェクトリーダーの理解
    「承知いたしました」
    「しかし3段なんて無理だと私だからこそ気付ける。1枚板こそ肝要」
    「ブランコって枝からぶら下げて…こんな感じだっけ」
    「初めての分野で細かい仕様判らんからなあ」
    「精査はアナリストに任せよう。ブランコこがせたいのであとはヨロシク!」

    ・アナリストのデザイン
    「分析の結果、これでは漕げません。リーダーの目的仕様を満たすため邪魔な幹を除いて…」
    「ありゃ倒れるか?支柱を…」
    「なんとしてでも今のままブランコが動けるように!」
    「ふぅ、作業要件定義の数も増えたしプロジェクトっぽくなってきたかな」

    ・プログラマのコード
    「なになに?ええと設計書によると… ブランコ板とロープが接続され、ロープが二本で木に接続、か…」
    「うん、仕様通りだ。エラーも検出されない」

    ・営業の表現、約束
    「当社は業界のリーディングカンパニーとして最高のソリューションをもってお客様にご満足頂ける超一流のクオリティのITガバナンスに根ざしたコアコンピタンスを
    支える戦略的でスケーラブルなビジネスプロセスを進化させる真の統合をサポート…」

    ・プロジェクトの書類
    「えっ、後回しって1枚もまだ書いてないの?」

    ・実装された運用
    「ええと…リリースに間に合ったのはとりあえずこれだけです」

    ・顧客への請求金額
    「新聞で叩かれたあとやたら額下がったね?」
    「去年と同じ運用なのに」
    「え?ここ別料金?」

    ・得られたサポート
    「ここから先は追加インシデントが必要です」

    ・顧客が本当に必要だったもの
    「ぶら下がって遊びたいなら…」
    「パンダ様もこれで十分満足されてますよ」

    引用終わり。

     そう言えば、インターンで課題(ここで言う顧客の要求)を変な方向に読み間違えて、全く使えない&斜め上に飛んだ紙を書いたチームがいました。当然、チーム全員落ち。(人間としては好きな人達だったが)
     
     自分はITコンサルじゃないから、システムにはそこまで関わらないけど、他山の石とします。

    モチベーションの種です。よろしくお願いします。

    にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
    posted by ナオ at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2008年09月24日

    外銀がなんか凄いことになってるね。

     ご無沙汰してます、ナオです。

     夏休みを満喫してしまい、全然更新してませんでした。
     なんか急にアクセスが増えてたので、更新する気になりました笑

     で、タイトルの件ですが、外銀の再編が始まったようですね。

     恐らく色々なところで、去年の就活生が言っているとは思いますが、
     私もリーマンが破綻し、メリルが買われるとは全く思ってなく、かなり驚いています。
     Second Tierならともかくメリル・モルスタ・GSのTop Tierなら倒産リスクなんて考えるだけ無駄という認識でした。
     その前提が覆された意味で今回の再編は私にとってショックでした。

     その認識で就活したことは、認識が甘かったみたいで、そこは反省してます。
     日本で言えば、山一・長銀が潰れたこと。海外でも「帝王」ソロモンブラザーズが救済買収されたこと、LTCMが破綻したこと。
     いくらでも歴史から絶対はないと認識できたはずです。
     自分もある種の信仰にかかっていたのだなと思い知りました。

     しかし、正直言えばそれでも今年外銀に入れる人間は羨ましいと思う。
     競争相手減ってるだろうから、生き残れたらその分美味しいんだろうと言うのももちろんある。
     ITバブル崩壊後のかなり大変な時期に入社して、そこで揉まれ、その後の好景気で良い思いをしたバンカーの話も就職活動の過程で聞いた。
    (好景気になって人材が必要になったが、バブル崩壊で人切った&採用してない関係で人材不足になって、市場価格が高騰して破格の条件で転職できたとその人は言っていた)
     
     だが、何よりもこの状況を自分の事として見ることが出来、厳しい状況に追い込まれているのが羨ましい。
     マゾい発言だが、人間追い込まれたときの努力ほど成果を残すものは他にないだろう。それを最初のスタートダッシュに出来るのだ。例え失敗しても、外銀行けるような人材なら、メガバンでもコンサルでも2卒で入れるだろう。(コンサルは実例見た)
     
     まぁ、取留めももなく書いてみたが、外銀落ちコンサル内定の自分の気持ちとしてはこんな感じです。
     コンサルのくせに文章読みにくいとか言わないように。
     自分でもまだ整理しきれてないので。


    モチベーションの種です。よろしくお願いします。

    にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
    posted by ナオ at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2008年07月10日

    ブログ再開

    かなりご無沙汰しています、ナオです。

    現実が忙しいため、ブログ更新がおざなりになっていました。

    ブログを更新していない間もコンサル合宿に参加したり、ラックのイベントに参加したり、英語学校通いをしたりなど色々と書きたいことは起こっていますので、おいおい書いていこうと思います。
    (大量に読書もしているので、そちらのレビューも)

     それと、最近夏インターンの季節のせいか就職関連のキーワードで検索してくる方が多くいるみたいです。
     前にも書いた通り、自分は就活支援云々には興味がないのですが、他のサイトには上がっていない情報を自分が持っている部分も否定は出来ないのでもし需要があるようであれば、多少自分なりにまとめて見るつもりです。なければまったりと好きなことを徒然書く予定。

     そんな感じで今後書いていくつもりです。宜しければ、お付き合いいただけると嬉しいです。

    p.s.今更ながらほぼ全てのファームに知り合いができました。業界全体の新卒6〜7割には会ったかなと思います。やはり各ファームごとに内定者の色が違います笑 各ファームの内定者の傾向とか独断でまとめるとおもしろいかも。
    posted by ナオ at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2008年05月19日

    内定者研修

     今日は友人がスーツ着ているなと思ったら、どうも外銀あたりだと内定者研修や内定者バイト(バイトという名の契約社員的労働)が始まったみたいだ。
     
     日系も大体採用活動は終了したらしく、内定者を逃がさないよう頻繁に懇親会や勉強会などを開いているらしい。

     かくいう自分は、良い感じに放置されている笑 本読みたければ読んで、英語だけはしっかりやっとけよと言われ放置プレイ。
     友人のファームもそんな感じらしいが、どこもそうなのだろうか?それとも内定先が放任主義なのか?最近疑問に思ってます。

     とは言いつつも、まだ単位が残っているので研修で拘束されると辛いので自分にとっては結果オーライかな。

    モチベーションの種です。よろしくお願いします。

    にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
    タグ:外資
    posted by ナオ at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2008年05月16日

    初コンサル♪

     今、とあるIT系ベンチャーでアルバイトをしている。
     BCGやらブーズやらアクセンチュアやらのコンサル出身者がやっている会社なので中々優秀な方が多く色々と勉強になる。

     社員さんに「来年からコンサルやります。」と報告してあったところ、「じゃあ、手始めにうちで簡単なコンサルやってみろ。」と面白い仕事を振っていただいた。

     守秘義務に抵触してしまうので詳しくは書けないが、
     すごい大雑把に言うと、
      その会社が提供しているある営業支援サービスがある。
      あるクライアントでその活用が上手くいっていない。
      クライアントとしてはアクティブユーザーを増やしたいらしい。
      
     と言うわけで、その提言を作れと言うのが今回のお仕事。

     そのクライアントと言うのが、日本を代表する企業のうちの一つで、そのサービスもかなりのユーザー数なので、正直本来なら一学生ごときが物言えるレベルじゃないのです。
     それをフォローが入るとは言え、任せてもらえるのが限りない幸せ。小さなベンチャーでもなく、それなりに名は知られている会社なのに。
     絶対に期待以上の成果を出してやると、はりきってデータ分析してます。
     (今回の仕事は性質上、インタービューとかいらず、データ解析系が多め。だからこそ、俺にも振ってくれたんだろうが)

    ◆関連記事
    つづき:初コンサル♪

    つづき2(学び):初コンサル♪

    モチベーションの種です。よろしくお願いします。

    にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
    posted by ナオ at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2008年05月15日

    【告知】LuckFactor大規模勉強会

     もう外資は2010年の新卒採用に向け動いているみたい。
     夏のインターンの募集やら説明会の話をあちらこちらで耳にするようになりました。
     気が早いと呆れるやら、去年は自分も動いていたのでもう一年経ったのかと感慨に耽るやらで複雑な心境です笑

     さて、知り合いから夏インターン向けの勉強会を告知してくれとメールが回ってきたので、以下転載します。
    ■□■□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■□

    2010年度就職活動生の皆様へ

    ついに・・・
    2010年度就活生向け、LuckFactor Presents 第一回大規模勉強会の開催が決定致しました。

    毎年LuckFactorのイベントを通し、多くの就活生が外資系金融機関やコンサルティングファームを中心に内定を勝ち取っています。
    サマーインターンを直前に控え、皆様の就職活動の一助となることを確信しておりますので、奮ってご参加ください。

    以下詳細です。

    【日時】
    6月7日(土) 10:00〜18:00

    【集合時間】
    9時45分
    (遅刻の場合、入場をお断わりする場合があります時間厳守でお願い致します。)

    【場所】
    泉ガーデン7F コンファレンスセンターROOM1・2
    (六本木一丁目駅直結)
    http://www.sumitomo-rd.co.jp/izumig_cc/access.html

    *当日は、ROOM1まで直接お越しください。

    【会費】
    1000円を予定

    【定員】
    150名程度を予定

    【コンテンツ】
    ・LuckFactorスタッフによるレクチャー
    (就活の流れ、業界・企業分析、ESの書き方、面接・GD対策講座)
    ・協賛企業様による講演
    ・グループディスカッションの実践・フィードバック
    ・有名企業内定者および協賛企業様との交流会

    ※コンテンツは多少の変更の可能性がありますので、ご了承下さいませ。

    【懇親会】
    セミナー終了後、懇親会を開催致します。
    多くの内定者も参加予定です。
    自由参加ですが、内定者や他の就活生との貴重な交流、情報交換の場となりますので、奮ってご参加下さい。

    詳細に関しては、参加者の方に追ってご連絡致します。

    【参加資格】
    ・10年度の就活生
    ・セミナーの始まりから最後まで参加可能な方

    【参加内定者就職先】
    ゴールドマン・サックス、モルガンスタンレー、メリルリンチ、JPモルガン、リーマンブラザーズ、ドイチェ、マッキンゼー、BCG、DI、P&G、MARS、三菱商事、三井物産、電通、博報堂、フジテレビ等
    約30名

    【申込】
    http://www.luck-factor.com/cgi-bin/meibo/index.html
    からお願いいたします。

    【注意事項】
    ・本セミナーは例年、告知開始数日間で定員を上回る申し込みがあります。キャンセル待ちの状態となることが予想されるため、申込後イベントに参加できなくなってしまった方は、必ずWEB上でキャンセルを行ってください。
    ・つり銭が出ないように、1000円丁度をお持ちください。
    ・イベント当日は、途中入場、途中退場不可となっております。

    以上を守れない方は、今後のラックファクターのイベントへの参加資格を失います。ご注意ください。
    ■□■□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■□

    今期のLuckには2人知り合いがいますが、かなり優秀かつ魅力的な人たちです。自分は一切関与してませんが、彼らがやるならいいイベントに違いないとオススメ出来ます。

    あと、Luckのイベントはすぐに埋まってしまうのでご予約はお早めに!

    以上、珍しく就活関係の話でした。
    タグ:告知
    posted by ナオ at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2008年05月09日

    「私、ここで結婚できますか?」

    「私、ここで結婚できますか?」と聞く女子大生、どう思います?
    という記事を読んだ。

     記事自体は、就職活動で仕事と家庭の両立を気にして、そう言ったことを聞いてくる女子大生が増えているけどなぜだろう?って問いに対して記者が仮説を立てている記事で中々面白かった。
     (あまりファクトがなくて、本当か?とは思いますが、視点は面白い)

     この記事を読んで、むしろ昔(と言っても数年前)は就活に関して女の子は結婚・出産・育児を意識しなかったのかと驚いた。
     説明会に行くと必ずその手の話は出たし、集団面接後半の「何か質問ある?」の時に聞いている子も多かった。

     ただ、個人的経験から言うと、選考過程でこういう質問をする子の能力は低かった様に思える。
     そもそも、その話題って本当に今すべきことなのだろうか?そんな公的な場で聞いて、「うちは女性が働くのには向いてない職場です」と口が裂けてもいえる訳がないのに。
     それに「何か質問ある?」ってのは、「そもそもドンだけその応募している仕事に興味があって、どこまで熱意を持って調べているか教えてください」という質問だと言うことが理解できてない。アピールの場を自ら潰してしまってる。。。
     (更に言えば、外資なんかはダイバーシティを売りにしてて、HPに女性の就業支援の例などを紹介しいる。聞いてることはHPに載ってますって事が多い。男の俺が知っているのになぜ今ここで聞くのかと小一時間問い詰めたかった笑)

     友人のデキル女性陣は、事前に情報収集して明らかに女性が働きにくい職場はスクリーニングした上で、とっとと複数内定を取り立場が有利になってから、女性の社員さんを紹介してもらって本音を聞き比べてました。
     
     聞きたいのも十分理解できるし、むしろちゃんと意識して就職活動をしているのは偉いと思います。ただ、戦略的に動こうよ、と女性ならではの質問に出会うたびに思いました。

     最後に完全に蛇足だが、男で「私、ここで結婚できますか?」と質問した奴をコンサルタントの選考で目撃した。
     そいつ曰く、コンサルタントは毎日終電後まで働かねばならず、合コンもろくに出来ない、出会いがないと聞く。結婚できたとしても離婚率もやたら高いと聞く。
     「大丈夫ですか?」と言うのが彼の質問。
     自分。心の中で爆笑 選考で合コンまで聞きますか。
     社員さんも笑ってたが、「業界全体でどうかは分からないけど、自分の同期を見てみると、みんな28前には結婚している。ただ、サンプルが7だけどねw維持できるかは個人の努力。私は土日は奥さんのために使ってるよ。」と答えてた。
     
    モチベーションの種です。よろしくお願いします。

    にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
     
    タグ:就職活動
    posted by ナオ at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    コンサルタントと言う進路に対する周りの反応

     GWは実家に帰ってました。

     そこで友人や親戚と進路の話になり、コンサルになると言ったときの反応が、「何で東大出てそんな胡散臭い職業着くんだ?」といったもので、結構驚きました。 元々官僚か弁護士になるとばっかり思われていたらしく、それも加わって上記の発言になったと思うのですが、世間一般的にはコンサル=胡散臭いなんですね笑

     これまでの報告をした際の反応を見てると、
     1,内定先の社名言って理解される
      例)「へぇ、コンサル。凄いじゃん。どこのファーム?
         お、○○か。確か、あの業界に強かったよね。」
     2,良く分かんないけど、凄いとこ?
      例)「コンサルってなるの難しいんだよね?
         で、何やるとこ?プログラムとか組むんだっけ?」
     3,何その怪しい職業?
      例)「コンサル?外資?胡散臭い。今からでも良いから
         メーカー受けなさい」
     の3種類な気がします。
     
     各々コンサルという職業の理解度によって反応が変っているようです。東大だと、比率が3:7:0ですが、地元に行くと0:3:7になりました(当者比)
     1の対応をする人は戦略コンサルタントという職業を理解してて
     2の対応をする人はITコンサルやSlerと混ざってて
     3の対応をする人はその他諸々や自称コンサルタントと混ざってるのかな?
     
     実際、地元の友人談ではどこぞの大手企業を定年退職したおじさんが
    個人コンサルタントとして彼が勤める会社(中小企業)に入っているらしく、そのコンサルが会社のこと良くわからないくせに「自分の前の会社では〜」を繰り返して、仕事を滅茶苦茶にしているとのこと。
     
     まぁ、戦略ファームだから、その自称コンサルのごとく仕事を滅茶苦茶にしないとも言い切れませんが笑
     
     取り敢えず、コンサルにそう言う印象を持っている人がいることが分かったのがかなり収穫でした。恐らく自分がプロジェクトをする際のクライアント企業内にもいるでしょうしw

    モチベーションの種です。よろしくお願いします。

    にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
    posted by ナオ at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

    2008年04月13日

    blogを始めてみる

    就職活動が終わり、来年からコンサルタントという立場になる。
    そこで、ふと思ったこと。

    「一年間、一体何しよう?」

    基本的に多趣味≒無趣味な人間で、時間をかけてこれをしたいというものがない。サークルも既に引退気味。学問に打ち込む気ももはやない。
    内定先の社員さんに内定中に何をすべきか聞けば、
    「とりあえず遊んどけ。中途半端に勉強しても、仕事をすれば数日間で追いつかれる程度。」
    との答え。

    全くもって五里霧中である。


    仕方がないので、気ままに生きることにした。
    ただ、それでは何もせずに1年終わったということになりかねないのでせめて記録を付け、PDCAサイクルぐらい回そう
    そういう趣旨でblogを始めました。

    これだと、何を書くブログか全く分からないと思われるので
    主に書いていきたいことを羅列
    ・書評
    内定先からの課題著書や、趣味で読む本に関して自分なりにまとめてみる
    ・今、自分が考えていること。
    時間と共に考えは必ず変わるもの。後になって、その時の自分が何を考えどう判断したのか、それがどのような結果をもたらしたのかを判断する材料に
    ・チラシの裏
    ただの日記

    これらを通して、外向きにはコンサル内定者の、入社するまでの軌跡を提供したいと思う。
    自分が1年間を有意義に使えた場合は参考に、無駄に使い果たしてしまった場合には他山の石にしてもらえたら幸い

    *就職活動に関して
    内定を勝ち取るためのTipsは白眉と言えるサイト・支援団体があるのでそちらに任せたい。詳しくはメタルさんラックファクターに当たってみてください。

    posted by ナオ at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。